2017年4月26日水曜日

月光舎5周年記念クッキーの販売


この度開催の5周年記念イベントでは、
『KOYAMAP2017年度版』完成のお披露目も兼ねて、
KOYAMAPに掲載の近隣店舗さまのお菓子も
限定販売してご紹介させて頂いております。

そして今回、武蔵小山のcafe Peek-a-boo!さまが、
特別な『月光舎5周年記念クッキー』を制作して下さいました‼️

数量限定販売となりますので、ぜひ会期中にお買い求め下さいませ。

その他、楽しく、美味しいものが勢ぞろいします。
ぜひ、月光舎5周年記念イベントに足をお運び下さいませ。

『水都 柳川ものがたり』
場所:月光舎
日時:4/28(金)〜5/7(日) 12:00~18:00
会期中無休

 

KOYAMAP2017度版配布のお知らせ


さあ、もうひとつのお楽しみ!

毎年発行している月光舎の周辺お散歩MAPの『KOYAMAP』が
2017年度版よりパワーアップ致しました!


両面フルカラーとなり、掲載エリアも碑文谷方面が追加されました。

また、今回は月光舎の名前の由来となった
無くなってしまった地名『月光町』のエリアを色分けでご紹介したり、
かつて流れていた川があった場所の暗渠の道しるべなども記され、
よりこの地域への愛着をもって地域をご紹介しております。

また、裏面にて月光舎のお仲間店舗さまの詳細情報も
イラストつきでご紹介させて頂きました。

5/1以降配布開始予定となります。
KOYAMAP掲載の多数の店舗さまや、月光舎にて配布させて頂きます。


1年間楽しんでお散歩にご活用頂けましたら幸いです。

開店より5年となりましたが、これからも月光舎はこの街とともに歩んで参ります。
今後ともKOYAMAP共々、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

月光舎

2017年4月25日火曜日

『水都 柳川ものがたり』のりネー酢のご紹介

<のりネー酢 柳川ブランド認定品>
のりネー酢のコンセプトは、『塗る』。
現在 海苔のイメージは、ご存知の通り「のりの佃煮」に代表される
ごはんに『のせる』です。
それを「海苔の良いところを残し、全く別のイメージに仕上げてみよう」と
商品開発に望んだそうです。

現代、わたしたちは何にでもマヨネーズを塗って万能調味料として食べています。
いわゆる「マヨラー」です。そのイメージを「海苔」に生かしました。
マヨネーズの代用品として高級感も感じられる「のりネー酢」は
ご飯に、パンに、フライに、ピザに。
塗るだけでちょっとした「至福のひとときを」感じ、笑顔になれるお品です。


<清柳食産>

平成元年に柳川市にて創業した食肉の卸・小売販売業の『清柳食産』さん。
「報恩感謝」をもって地元柳川の進歩発展に貢献することに目指してきました。

創業二十有余年、和牛の味を地元の方々へご提供しています。
その季節折々に合う おいしい九州各県の銘柄和牛はもちろん、
銘柄豚そして銘柄鶏肉を販売しており、地元有名ホテルにも指定納入しています。

また、地元名物「うなぎ」を使ったオリジナルフードの開発や
のりネー酢などの調味料などの開発にも力を入れています。


柳川肉匠職人 (有)清柳食産
〒832-0065
福岡県柳川市 47
0944-72-9834
http://seiryufoods.ocnk.net/
© 柳川肉匠職人 © yokavanmou.

<GEKKOSHA 5th ANNIVERSARY FAIR>

『水都 柳川ものがたり』

場所:月光舎
日時:4/28(金)〜5/7(日) 12:00~18:00

会期中無休

『水都 柳川ものがたり』JA柳川商品のご紹介

<柳川まめマヨ 柳川ブランド認定品> 要冷蔵
福岡県第一の生産量を誇る大豆「フクユタカ」の豆乳で作った、
化学調味料、保存料無添加のマヨネーズ風ドレッシングです。

柳川の野菜を知ってもらいたい、たくさん食べてもらいたいという
プロジェクトチームの思いから、1年間の試行錯誤の末に完成しました。

通常のマヨネーズとは違い、卵を一切使用せず、
柳川産大豆「フクユタカ」100%の豆乳を使用。
コクとさわやかな酸味で野菜をひきたてる味わいに仕上がりました。

「まめマヨ」のかわいい響きとイラストとともに、
子育て世代にも人気の、コレステロールゼロのヘルシーなドレッシングです。

第14回    福岡産業デザイン賞   大賞受賞
2013年 日本農業新聞一村逸品  大賞受賞

<あまおうジャム 柳川ブランド認定品>

 柳川特産のいちご「あまおう」の良さをだすため、
苺、砂糖、レモン果汁のみでつくり、深みのある赤色が特徴です。

さらに砂糖は北海道産甜菜グラニュー糖を使用して甘さを抑え、
香り、甘み、色味ともに存分に「あまおう」を堪能できるジャムです。

<いちじくジャム>

柳川産の「いちじく」の良さをだすため、
いちじく、砂糖、レモン果汁のみでつくっています。

柳川産いちじくは「桝井ドーフィン」の品種を使用。
砂糖は北海道産甜菜グラニュー糖を使用し、甘さを抑え、
いちじく本来の甘味を味わえるシンプルなジャムです。


<JA 柳川>

柳川は福岡県の穀倉地帯筑後平野の最南部に位置し、
有明海に面した農業・漁業を主産業として開かれた地域です。

4本の河川が流れ、土壌は沖積層及び海成沖積層で至って平坦な水田地帯。
気候は有明海気象区に属し、比較的温暖多雨で、
穏やかな風土につつまれ農作物栽培にはとても恵まれた
自然環境が整った地域と言えます。

米、麦、大豆の水田農業を中心に収益性の高い施設園芸や
露地野菜・果樹栽培等との複合経営も普及しています。

「地域とともに歩むJA柳川」の経営理念をもとに、
豊かなくらしの実現と安心して暮らせる地域づくりの貢献を目指し、
「食」と「農」を通じた地域活動や農産物・加工品の生産、
さらに「絆」を深める活動などの情報を発信しています。

〒832-0058
福岡県柳川市上宮永町425-1
TEL:0944-73-6312
https://www.yanagawa-fk-ja.or.jp/
© JA YANAGAWA.
 
 <GEKKOSHA 5th ANNIVERSARY FAIR>

『水都 柳川ものがたり』

場所:月光舎
日時:4/28(金)〜5/7(日) 12:00~18:00

会期中無休 

2017年4月24日月曜日

『水都 柳川ものがたり』モリヤマ醤油商品のご紹介

 
<さしみ醤油  柳川ブランド認定>
モリヤマ醤油の中でも最も味わい、旨み、甘味があり、
色、とろみが強く、濃厚で贅沢なお醤油です。
お刺身、お漬物等のかけとして、海苔の佃煮などにお薦めです。


 <プレミアム柳川産 そらまめドレッシング>
柳川の砂両開という地方は有明海に面しているため、潮風による土量が
恵まれており、甘いそらまめが育つと言われています。
そらまめ本来の濃厚な味わい、風味を損なわないようにりんご酢を使い、
甘さや酸度を絶妙に調合しました。 
お野菜の他、パスタ等にかけて贅沢にお召し上がり下さい。

<プレミアム柳川産 トマトドレッシング>
柳川産のトマトをふんだんに使ったノンオイルトマトドレッシングです。
トマト本来の酸味を味わってもらう為にノンオイルタイプになっています。
皮と実の間に栄養が多いため丸ごとが詰まった、爽やかな味わいです。 

<かぞくのしょうが焼きのたれ > 
肉の旨みを引き出すために 添加物不使用に。
お肉を漬け込んでもよし!焼いたお肉にかけて炒めるのもよし!
お好みで調理してお召し上がり下さい。 

<お・と・な・の ジャポネ和風醤油ソース (200ml)> 
本醸造醤油にたっぷりの玉ねぎ、にんにく、しょうがを一つ一つ
手作業ですりおろし仕上げた、素材の旨みたっぷりの和風醤油ソース。
ハンバーグ・ステーキの肉料理にはもちろん、野菜サラダにも。 
 
<森山醤油「感謝」前掛け>
お客様への「感謝」の気持ちを入れました。
サイズ45cm×70センチ

[モリヤマ醤油]
 © Moriyama shouyu
© yokavanmou.

森山醤油は、創業明治33年(1900年)の老舗醤油製造元です。


詩人、北原白秋生家の前に店を構え、静かな水の音を聞きながら
創業以来、良質の大豆・小麦・塩を使って純粋培養された種麹を使い
安定した良い麹によ色・味・香りを第一に、
 じっくりと発酵成熟させた醤油を製造しています。

①地元に愛されてきた変わらぬ伝統の味を守り、受け継いでいくこと。
②時代の流れに対応しながら、お客様、市場のニーズに応えれるような商品を開発。
③「醤油に触れれる・学べる・搾れる」という体験型工房の開設により、
伝統調味料「醤油」の伝承・食育に努める。

これら3つの柱を理念に、
受け継がれた伝統を駆使し、
 心を込めて美味しいお醤油や加工品をつくっています。

<出展商品>

[さしみ醤油] 柳川ブランド認定
[かぞくのしょうが焼きのたれ 無添加]
[お・と・な・の ジャポネ和風醤油ソース 無添加] 
[プレミアム柳川産 そらまめドレッシング]
[プレミアム柳川産  トマトドレッシング]
[森山醤油「感謝」前掛け]   

 [モリヤマ醤油] 
〒832-0065
福岡県 柳川市沖端町 52

0944-72-2716


 <GEKKOSHA 5th ANNIVERSARY FAIR>
『水都 柳川ものがたり』
場所:月光舎

日時:4/28(金)〜5/7(日) 12:00~18:00
会期中無休



『水都 柳川ものがたり』高橋商店の商品のご紹介

<YUZUSCO(ゆずすこ)柳川ブランド認定品>

九州の名産で九州の食卓にはかかせない香辛料、ゆずこしょう。

世界中の皆様に手軽に楽しんでもらうにはどうしたら?
「そうだ、液体にしてみようじゃないか!」と洋食に合わせやすい
ゆずこしょうとして生まれたのが、『YUZUSCO(ゆずすこ)』です。

原料は『ゆず皮』+『酢』+『こしょう(唐辛子)』のみ。とてもシンプルです。

標高が高く寒暖の差と霧の発生の多い山間部という、
ゆず栽培に最適な環境で育った宮崎県東米良産のゆずを使用。
とにかく香りが高いのが特徴です。
そのゆずの完熟する前の
栄養分の高い”青ゆず皮”を使用し、
一個ずつ丁寧に手作業で剥いています。

唐辛子には風味が強く辛みが強い青唐辛子をのみを厳選しております。

お酢は創業300年の地場のお酢屋さんの数百種類のお酢の中から
ゆずすこに合うものを厳選しました。爽やかな酸味に仕上がっています。

パスタや揚げ物、煮物、和え物、冷や奴などなど。
一度使うと手放せなくなるほど、とにかくやみつきになる一本です。

<SHOGASCO(ショウガスコ)> 

液体しょうがこしょう「SHOGASCO(しょうがすこ)」。
原料に「しょうが」、「酢」、「こしょう(唐辛子)」を使用しています。

使用する生姜には、辛さがまろやかで香りが良く、
唐辛子の辛みとの相性の良い大江産の大身生姜を使用。
絶妙な風味と辛さで素材の持ち味を最大限に引立てます。

唐辛子は風味が強く辛みが強い青唐辛子をのみを厳選しております。

お酢は創業300年の地場のお酢屋さんの数百種類のお酢の中から
しょうがすこに合うものを厳選。爽やかな酸味に仕上がっています。

生姜焼きや肉料理はもちろん、お刺身、煮付け、冷や奴、お味噌汁にも!
和食・洋食・中華を問わず様々な料理で大活躍します。

心も体もHOTにしてくれる新感覚の万能調味料です。
 
<ゆず醤油>
© TAKAHASHI SHOTEN

宮崎県産のゆず果汁と高級国産昆布だしを加えた黄色いお醤油。
冷や奴やサラダ、刺身や焼き魚、パスタや餃子などにも良く合います。

<高橋商店>
タイラギ、貝柱の粕漬や海茸(うみたけ)の粕漬などの海産物を
主に使用した粕漬の会社です。その他、珍味やお漬物・ゆず製品を扱っており
この度はゆずとお醤油のお品をご紹介させて頂きます。
素材そのものの味を楽しんでいただけるような商品作りをされています。
 

<高橋商店>
福岡県柳川市三橋町垂見1897-1
0944-73-6271
http://www.yuzusco.com

<GEKKOSHA 5th ANNIVERSARY FAIR>
『水都 柳川ものがたり』
場所:月光舎

日時:4/28(金)〜5/7(日) 12:00~18:00
会期中無休

2017年4月22日土曜日

『水都 柳川ものがたり』ル・カフェ・パティスリーさくら商品のご紹介

[パティスリーさくら]

<抹茶ガトーショコラ>
八女星野村産の石臼挽き無添加抹茶とホワイトクーベルチュール
チョコレートをたっぷり使ったガトーショコラです。
お好みで別添えの粉糖をかけてお召し上がりください。
抹茶ガトーショコラは、冷凍した状態でお渡しします。
4つの温度差による異なる味わいをお楽しみいただけます。

 1: カットした後、しばらくおいて半解凍の状態で。
2: 冷蔵庫内に半日ほどおいた冷蔵状態で。
3: 常温に戻した状態で。
4: 解凍したものをレンジで5~6秒温めた状態で。
大きさ:約14センチ
(賞味期限:要冷凍で3ヶ月・解凍後は、要冷蔵3日間)

 © yokavanmou.
<ソイコロ 柳川ブランド認定品>

地元、柳川の特産品『大豆(フクユタカ)』を使い、
試行錯誤を重ね出来上がりました。

大豆(ソイ)で作った、体に優しいコロコロとしたクッキーなので、
『ソイコロ』というかわいい名が付けられました。

   [プレーン味]      柳川産大豆フクユタカの優しい甘みのお味
   [八女抹茶味]      八女星野村産石臼挽き無添加抹茶を使用      
 [黒胡麻味]      大豆と好相性の黒ゴマをたっぷり使用 
[一味ごぼう味]      一味がピリッときいた甘辛いお味               

 

<抹茶生チョコレート16個入   
 抹茶の風味が損なわれないように、丁寧に石臼挽きされた
八女星野村産の玉露抹茶のみを使い、生チョコレートを作りました。
玉露の香りゆたかな濃厚なチョコレートの口溶けをぜひ、お召し上がりください!
(賞味期限:要冷凍で3ヶ月・解凍後は、要冷蔵5日間) 

 © le cafe patisserie sakura.
 [ル・カフェ・パティスリーさくら]
   
オーナーシェフの櫻井靖さんは料理人として東京赤坂の
フランス料理店『光亭』にて吉野建氏に師事し、後にパティスリー修業の後、
東京荻窪の『クイーンズケーキ』のシェフを経て、
2002年に故郷柳川に『フランス菓子 パティスリーさくら』をオープンしました。

2012年には、築約90年の建物を改装し、カフェを併えた
『ル・カフェ・パティスリーさくら』としてリニューアルオープン。

『優しくて力強い味』をテーマに、小さいお子様からお年寄りまで、
誰からでも愛されるお菓子づくりを心がけて、卵や牛乳等の材料にこだわり、
地元柳川の美味しいフルーツを使ったスイーツを作っています。
素材の味をどうぞお楽しみ下さいませ。
     
 le cafe patisserie SAKURA
 福岡県柳川市沖端町10番地
0944-74-3980
http://www.patisserie-sakura.com/index.html

 © le cafe patisserie sakura.
 
<GEKKOSHA 5th ANNIVERSARY FAIR>
『水都 柳川ものがたり』
場所:月光舎

日時:4/28(金)〜5/7(日) 12:00~18:00
会期中無休